社内恋愛で告白するときに気を付けたいこと

社内恋愛はほかの恋愛と異なり、普段から仕事を通じて接しているため、
お互いのことをよく知っているという面があります。
よって、告白をするなら、うまくいく可能性は普通の恋愛と比べて高いかもしれませんが、
万が一失敗したときのリスクについても考えておかなければいけません。
今回は社内恋愛での告白のタイミングや方法についてご紹介します。

社内恋愛でも告白したほうがいいの?

社内恋愛はほかの恋愛と異なり、普段から仕事を通じて接しているため、
お互いのことをよく知っているという面があります。
そういった気心知れている関係だったら
わざわざ告白しなくても別にいいのではと思うかもしれません。
実際に告白がなくても交際が始まることは往々にしてあります。
ですが、恋人になりたいのであれば、告白はした方がいいでしょう。

お互いの関係を明確にするため

社内恋愛に限りませんが、お互いの関係をあいまいにしておくのは、あまり望ましくはありません。
それは、相手に「自分たちは付き合っている」ということをしっかり認識してもらうためです。
とくに社内恋愛では、お互いの関係をしっかり確認しないことにより、
トラブルが生じやすい環境にあります。
また、社内恋愛は、付き合っていることがばれた場合に
他の人から関係について突っ込まれたり、
社内恋愛を快く思わない人から、
セクハラやパワハラといったデメリットを被る可能性を秘めています。
そういったこれから2人を待ち受けているリスクに対して、
協力して立ち向かうという意思を確認するという意味でも
告白はしたほうがいいでしょう。

男性女性どちらから告白したほうがいい?

男性、女性、どちらがどのような形で告白してもいいのが前提ですが、
社内恋愛の場合、フラれた場合は、お互いがどうしても気まずくなります。
出来れば相手から告白してほしいと思っている人は多いでしょう。
特に女性から告白する場合は男性からフラれることによって生じるリスクを特に考えておいたほうがいいかもしれません。

告白と引き換えのリスクを知っておこう

社内恋愛の場合は、告白して失敗した場合は、気まずい人間関係になりがちです。
特に女性の場合、人間関係が原因で職場を去ってしまったり、
異動によって皆がやりたくない仕事をやらないといけなくなってしまうことも考えられます。
女性の社会進出が進んでいるとはいえ、
女性の管理職登用が進んでいる会社はまだまだ多くないなどの背景があり、
会社という組織はまだまだ男性中心のところが多いです。
以上の理由から女性がある男性に対して好意を持っている場合は
男性を惚れさせるようにして、男性側から告白してもらうようにするのがいいでしょう。

告白してOKなのはどのタイミング?

告白するときに大切なのは、何といってもタイミング。
当然ですが、ただ会社で挨拶を交わす程度であれば、告白のタイミングではありません。
社内恋愛は、万が一降られたときに逃げ場はありません。
毎日会う、毎日話す、毎日一緒に仕事する。
毎日が続く関係だからこそ、「当たって砕けろ」の告白は避けたものです。

告白は楽しいデートの時間を過ごした直後がベスト

社内恋愛に限りませんが、楽しいデートの時間を過ごした直後であれば、
あなた自身も楽しくて、最高の笑顔で過ごせた日に告白することで、
気持ちを素直に伝えられるでしょう。
相手も楽しい時間を過ごした直後だからこそ、
この人となら、これからもこんなに楽しい時間を過ごせるんじゃないか
とイメージすることができます。
自分の気持ちを伝えるためには、準備が必要です。
そして、それは、相手が思わず「うん」と言いたくなるようなシチュエーションなのです。
女性は場所や雰囲気によって気持ちが大きく変わります。
夜景やイルミネーションが切れに見える場所だとロマンチックな雰囲気になりやすく、
非日常的な雰囲気が女性の気持ちを大きく揺さぶることになります。
また、非日常的な雰囲気であれば、普段のあなたとは違う面を大いにアピールできる場なので、おススメです。

職場恋愛の告白で「3回目のデートで」は正しい?

よく、「告白するのは3回目のデート」と言われます。
目安としては有効でしょうが、社内恋愛では、一概に正しいとは言い切れません。
ベストなタイミングは、デートの回数ではなく、2人の関係性から判断するべきです。
まだ2人で食事に行っていない関係で告白してもうまくいきません。
喜ばれるどころか、警戒されてしまいます。
また、食事に行くことができたとしても、会話が全く弾まなかった場合にもうまくいかないでしょう。

これは脈あり!告白OKの7つのサイン

見極めのポイントが少しでもわかると、一か八かの告白をしなくても済みますよね。
基準として考えるのは、相手の変化です。
何か相手の反応に変化があれば、告白しても成功する確度が高いかどうかが少しずつ分かってきます。

雰囲気の良い場所へ自分から誘ってくる

カップルがよくいそうなイルミネーションや夜景が切れに見えるところに誘ってくる場合です。
女性は雰囲気のある場所が好きなので、
このような場所に進んで誘ってくるときは、
脈あり告白OKのサインといってもいいでしょう。

誘いを断った後で代替案が出てくる

本当に用事があった場合、告白されてもOKな相手だったら、
「その日は無理ですが、来週の土曜日なら大丈夫です」といったように
別の日を案として出してくれるのであれば、期待大でしょう。
相手にとっても誘われたチャンスを大切にしたいと考えているところがうかがえるでしょう

一人の時によく声をかけてくる

給湯室にいるときや、自販機の近くで飲み物を飲んでいるとき、
喫煙室でタバコを吸っているときなどに、
相手からよく声をかけてくるようだったら、
相手に自分の気持ちを伝えてもOKをもらえる可能性は高いでしょう。

内緒ごとを作ろうとする

他の人には秘密の2人だけの内緒ごとを作ろうとするのであれば、
相手に告白してもOKをもらえる可能性は高いでしょう。
旅行のお土産をくれたり、仕事中にちょっとしたお菓子をくれたりといった行動があるか思い出してみましょう。

偶然を装って一緒のタイミングで帰ろうとする

女性が無理をしてでも偶然を装って、一緒のタイミングで帰ろうとしたり、
オフィスを出たところで、偶然会うようなことが多い場合には、
脈ありの可能性が高くなります。
女性としては、男性にディナーに誘ってほしいと思っているはずです。
ちなみにこれを男性がやると、ストーカーのレッテルを張られてしまうので、
気を付けましょう。

ほかの人との食事に誘う

複数人で食事に行こうという話をしているときに、
あなたのことを誘ってくるようであれば、
少なからず相手も好意を持っている可能性が高くなります。
2人きりで食事誘うとストレートすぎるため、
複数で出かけるときに誘って食事に行く口実にしている可能性があります。

これはNG!やめておきたい告白の方法

メールで告白する

相手に気持ちを伝える手段は、一つではありません。
対面、電話、LINE、社内のメール
この中で、絶対に成功する手段はありませんが、
しいて言えば、あなたの気持ちが一番まっすぐ伝わる方法がいいでしょう。
なので、気持ちがあまり伝わらない方法は、避けたほうがいいでしょう。
社内メールで頻繁にやり取りをしていて、自信がつき、
思い切ってメールで自分の気持ちを相手に伝える
というのはおススメできません。
また、デートをしたけど、そのときに自分の気持ちを伝えずに、
後でメールやLINEで気持ちを伝えるというのもお勧めできません。
女性はデート中は楽しかったけど、一人になって気持ちが落ち着くと、
微妙なフィーリングのずれや年齢差など冷静に考えるようなところがあったりします。
そんなときに、LINEやメールで気持ちを伝えられても、冷静に考えて断るなんてこともあります。

もちろん、告白は商談ではありませんので、勢いで承諾を得ればいいわけではありません。
それに、どちらの例も、タイミングの悪さを覆すほどの魅力が男性側になかったという見方もあるのかもしれません。
しかし、確実に言えるのは、LINEやメールだと相手の心理状況が見えないというリスクがあるということです。
対面の場合、相手も気持ちが少し高ぶっているところがあるので、
そのときに告白したほうが、よりOKをもらえる可能性が高いということを覚えておきましょう。

お酒の勢いで告白!

対面の場合でも、お酒の勢いに任せた告白はあまりおススメできません。
お酒は、緊張をほぐしたり、気持ちを高めたりする効果もありますが、
飲みすぎて気持ちが強くなった時に勢いで告白するのはあまりよくはありません。
対面では言いにくい、緊張しすぎて失敗するのではという心配し、
何かの勢いに頼って解決しようとするのは後々になって面倒につながりやすいです。
女性は、相手が普段は頼りなくても、
決めるところをしっかり決めてくれる男性に対してときめきを感じるようです。
つまり、大切なときに逃げない男性に魅力を感じるのです。

告白してフラれたときの考え方

無理に気持ちを整理しようとしない

気持ちを伝えたけど、相手はあなたの気持ちにこたえてくれなかったこともあるでしょう。
この事実は、告白までの思いが強いほど大きなダメージになり、
ひりひりとした傷として心に残るものです。
恋愛というのは、少しでもタイミングや距離感を間違えると、
それまでの関係がどんなによくてもうまくいかないことがあります。
社内恋愛の場合は、出勤したら必ずといっていいほど、お互いに顔を合わせます。
そんなことを考えると会社に行きたくないですよね。
気持ちをいつも通りに保つのは難しいでしょう。
忘れようとする必要あありませんし、何もなかったことにする必要もありません。
相手が仕事をやめるわけでも、あなたが仕事をやめるわけでもないのであれば、
無理にうまくいかなかった事実を記憶から消そうとしなくてもいいでしょう。

相手の態度は気にしない

相手は、職場でそっけない態度をとる場合が多いでしょう。
それは、あなたにどう対応していいかわからないからです。
振った相手に対して軽々しく接するようなことはしないでしょう。
なので、相手がよそよそしかったり、避けたりしていても、
そのこと自体はあまり気にしないようにするのが一番いいでしょう。
あなたが普通に接するようになれれば、相手の態度も変わってくるでしょう。

プライベートに目を向ける

おススメなのが、フラれたときこそプライベートに目を向けるようにすることです。
フラれたときは誰でも最初は辛くなります。
それは、これまでの気持ちを一気に整理しようとするからです。
それまで持っていた相手に対する好意が行き場を失うわけです。
今まで続けていた趣味などに没頭する、
思い切って部屋の整理や物の断捨離をしてみるなどしてみるのがおすすめです。
つまり、自分が向ける気持ちを別の何かにすることが重要です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す