社内恋愛がうまくいくタイミングとは

社内恋愛をするうえで、欠かせないのがタイミングです。
2人でのデートに誘ったタイミングが悪く断られてしまっても、
普通の恋愛であれば、お互いの職場が違えばそれ自体はあまり問題にはならないでしょう。
「今はちょっと忙しいから」と断られたら、
「そうとは知らずに申し訳ありません」と言えばそれで済んでしまいます。

しかし、社内恋愛の場合、
気になる相手が同じ社内にいて、勇気を出して食事に誘ったとしても、
もし食事を断られてしまった場合、何となくその相手とは気まずくなってしまい、
その雰囲気を引きずったまま仕事をしなければいけません。
お互いの関係にひびを入れかねないため、タイミングは非常に重要です。
そこで、今回は社内恋愛で、相手との距離感を縮めるタイミングと
気を付けておっきたいポイントについてご紹介します。

社内恋愛でのタイミングで気を付けておきたいポイント

状況がよく見えるからこそ焦りは禁物

車内恋愛で失敗する一番の原因は、急いで結論を出そうとして焦ってしまうことにあります。
確かに、好きな人がほかの社員と楽しそうに話している姿を見れば、
心がざわついて、急いでなんとかしなきゃと思ってしまいがちです。
相手が好きで、その人の好さをきちんと見ていれば、アプローチの機会はたくさん見つけられるはずです。
社内恋愛は一緒にいられる時間が長いため、相手のことがよく見えます。
忙しいときやトラブルに直面しているとき、
大きな仕事にかかわっているとき、
仕事が少し落ち着いているときなど、
近くにいなければ、わからないこともわかってしまいます。

時間をかけて階段を上るように相手との距離を縮める

社内恋愛では、合コンと違い、馬が合わなければ、次からお互いに顔を合わせなくても済むなんてことはありません。
社内恋愛は、相手と近い距離にいながら、日常的なコミュニケーションを積み重ねることで
お互いの関係の土台を作っていく恋愛です。
もどかしさを感じる瞬間があるかもしれませんが、
いったん土台ができれば、関係はそう簡単には壊れることはないでしょう。
この関係性ができたこそ、社内恋愛で好意を見せるタイミングなのです。

関係ができるまでは動かない

社内恋愛で一番の関門といえるのは、好意を見せるタイミングでしょう。
合コンのように気に入った女性がいた場合に、すぐにアプローチなんてことはできません。
まだ挨拶もできない段階なら、誘うタイミングではないでしょう。
自分と相手との関係がまだ温まっていなくて、好意を示すことが適切でない段階なら、
わざわざ自分の気持ちを見せる必要はありません。

タイミングを読む正しい方法

では、どうすれば正しいタイミングを見極められるのでしょうか。

わからなければ聞くのが一番!

何か仕事で頼みごとをするときや、朝にあいさつするときに、
相手の仕事が忙しいのかなどを少しずつ探りを入れていく方がベターです。
言葉を交わす回数が増えていけば、相手が忙しそうにしているのか、疲れていそうなど、察知できるようになります。
そうなれば、ベストなタイミングで相手をデートに誘うことも可能でしょう。

相手を褒めるタイミングを逃さない

社内で気になる相手との関係の土台を気付いていく方法はどうすればよいのでしょうか。
それは、仕事や普段のかかわりで相手を褒めることです。
イケメンではないけど、女性からモテる人っていますよね。
その人はなぜモテるのかといえば、女性をよくほめているからではないでしょうか。
とくに車内恋愛では相手と顔を合わせえている時間が長いため、
褒め上手であればあるほど、女性からの好感度は高くなります。
では、褒め上手な人が心掛けている褒めるポイントとは何でしょうか。
それは、相手の変化に敏感であることです。
褒め上手な人は、やみくもに「綺麗だね」「かわいいね」とほめるのではなく、
相手のちょっとした変化(髪型や服装など)をとらえてほめてあげるといいでしょう。

相手の変化にいち早く気付けるということは普段から相手のことを見ている、注目しているということを暗に相手に伝えることができるため、効果は抜群でしょう。

まとめ

社内恋愛は好きな相手と毎日会おうと思えば会える環境にあります。
つまり、それだけ相手の変化に気づくチャンスが転がっているということです。
このチャンスをうまく活かして、絶妙なタイミングで相手に声をかけてみてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す