社内恋愛がばれないようにするには

社内恋愛は2人が付き合っていることがばれてしまうリスクが大いにあります。

社内の人と付き合っているとなれば、周りの人は話題にするでしょうし、
結果として、それが2人の関係に悪影響を及ぼすことも考えられます。
ですが、努力をすることでばれる可能性を減らすことができます。
今回は社内恋愛がばれないように付き合うことになったら決めておきたいことをご紹介します。

ばれないように気を付けておきたいこと

2人が付き合うことになったら、最初にすることがあります。
それは、これからの約束事を決めることです。
社内恋愛は他の恋愛とは異なる性質があるので、
「こんなときにはこう対処する」というルールを決めておかないと、
トラブルが起きた時に対処ができません。

仕事と恋愛の間に線を引く

2人の関係が進展していくと、恋愛が仕事に、仕事が恋愛によくない影響を及ぼすことがあります。
そのダメージを最小限に食い止めるには、
仕事と恋愛の「線引き」をするという原則を、お互いに理解しておく必要があるのです。
社内恋愛を成就させるためには、自分たちだけではなく、
周囲の人の行動や反応を見逃さない視野の広さが必要です。
しかし、仕事と恋愛の境界をあいまいにしていると、
周りの目配りができなくなってしまいます。
特に女性の場合、付き合い始めると恋愛中心の思考になりがちになっていないでしょうか。
なにか2人の間にトラブルがあると、仕事が手につかなくなってしまうことがあります。
相手がすぐ近くにいる社内恋愛では、
付き合っているときの心理状態によって、
仕事に専念できなくなる危険性があることを覚えておきましょう。

2人だけでイチャイチャしない

好きな人が近くにいるとうれしくなる気持ちもわかりますが、
だからといって、羽目を外して2人だけでイチャイチャするのはおススメできません。
2人の関係が会社のほかの人に知られてしまえば、大きな面倒とリスクを背負うことになってしまいます。
仕事と恋愛の間に線を引くのは、
2人がこれでと同じように過ごしやすい環境を確保しておくため
ということを覚えておきましょう。

プライベートで仕事の話題をするかどうか

2人でいるときに仕事の話をするでしょうか。
この問題についてもあらかじめ2人で話し合って決めておいたほうがいいでしょう。
プライベートでは、仕事の話は一切したくないという人もいれば、
いつでも気軽に死後tの相談ができるっところが、社内恋愛のいいところと考える人もいます。
もちろん、どちらがよいか悪いかという話ではありません。
大事なのは相手の考えをお互いに知っておくことです。
?同じ職場で働いているのですから、デート中に仕事の話題が出るのは、自然なことだと思います。
しかし、お互いの仕事の立場が対立するような話題は避けるべきでしょう。
こういった事前の取り決めがあれば、無駄なケンカを回避することが可能です。
ましてや、仕事ごときでケンカしたいと思う人は少ないでしょうから、
なおさら決めておいたほうがいいでしょう。

出社時間、退社時間をずらす

実は出社時間、退社時間で付き合っていることがばれてしまうケースは非常に多いんです。
毎朝会社のすぐ近くまで一緒に出勤する、
退社時には会社の玄関から出て最初の角で待ち合わせをするなどしていないでしょうか。
これはもうばれても仕方ありません。
あるカップルは、出社時間が原因で付き合っていることが周囲に知られてしまいました。
2人はいつも出社時間が近く、時間差は約2~3分だったそうです。
周りからは、
「いつも判で押したように時間を微妙にずらして出社してくるから、逆にわかりやすかった」
と言われたそうです。
仕事中だけではなく、仕事が始まる前から、見ている人は見ているようです。
つまり、原則別行動がおすすめです。
忙しくて会う時間が取れないと、
早朝、どこかで待ち合わせをすると考える人もいるようですが、
こういう形で一緒に出社するのは、やめたほうがいいでしょう。
朝は始業時間に合わせて全社員が一斉に会社に集まってきますから、
それだけ人の目があるわけです。
どんなに警戒しても、2人でいる現場を目撃される可能性が高くなります。
前夜から一緒に過ごしたというときも、
家を出た瞬間から別々に出勤したり、
電車の車両を分けて乗ったりと、
念には念を入れるべきでしょう。
そして、先ほどの例のような失敗をしないために、
オフィスに入るときには十分な時間を空けるようにしましょう。
退社時間は人によってばらばらなので、出社時ほど警戒する必要はありません。
しかし、少なくとも15分程度は間を空けて退社するようにする方がいいでしょう。
この場合にも途中で合流するのではなく、現地集合にするのがベストです。

有休もずらす

タイミングをずらすといえば、休みの取り方についても当てはまります。
たまには有休をとって2人で温泉にでも、と考えるものですが、
いうまでもなく、そろって有休をとるのは望ましくありません。
同じに何度も休む場合、
「一緒にどこかに行ってきます!」と周りに宣言しているようなもの。
何かの拍子に社内のホワイトボードやカレンダーのスケジューラーを見て、
点々を線でつないでしまう人がいるのです。

ただ、そうは言っても、2人でできれば出かけたいですよね。
ですから、年に1回は同じ日に有休をとっても大丈夫でしょう。
ただし、その場合にも、繁忙期の直後など不自然でない時期を選ぶか、
連休を上手に活用するなど、スキのないカムフラージュを怠らないようにしましょう。

週末に何してた?を上手にかわす

会社の人と話すときには、基本的に自分から週末の話を振ったりすることはありません。
ただ、ちょっとした軽はずみで話題になってしまうこともあるかと思います。
言ってもいない場所へ得行ったと嘘ついてしまうのもぼろが出やすいので、
事前に自分は土曜日の予定について話す、交際相手は聞かれたら日曜日の予定について話す
といったように話す内容を決めておくと話がかぶりません。
無難だからといって、いつも「家でゴロゴロしていた」と答えるのはあまり無難ではありません。
特に上司の場合は、逆に上司が気を使ってゴルフなどの誘いをしてくる可能性があります。
上司からの誘いは断りづらいですし、
デートの予定を入れていたら、デートのキャンセルをしなければならなくなり、
交際相手との関係にトラブルが起きてしまう可能性もあります。

交際相手に関する人間関係にはクールに対応

社内恋愛で困るのは、
他の同性の社員が交際相手に言い寄ってきたり、ちょっかいを出してきたりする相手を、
ただ守って見守っていなければならないということです。

自分が好きになった相手ですから、
当然、同じように考えている同性の社員がいてもおかしくありません。
実際に自分の交際相手にアプローチしてくる人もいるかもしれません。
そうなった場合には、どう対処すればいのでしょうか。
無難なのは、「もう付き合っている人がいるので」と言って、察してもらうことでしょう。
ですが、相手に「どんな人?」と突っ込まれても、決して詳細を答えるべきではないでしょう。
そこは「合コンっで出会った人」とうそをついてでも社内恋愛をしていることがばれないようにしましょう。
一番やっていけないのは、社内恋愛をしていることをカミングアウトすることです。

プライベートの言葉遣いを出さない

社内恋愛をスタートさせたばかりの頃は、お互いに意識して言葉を選ぶことができるのですが、
慣れてくるとついついぼろが出てしまうもの。
普段は仕事場で警護に話をしているのに、
ちょっとした気の緩みから、呼び捨てになったり、
返答が「はい」から「うん」と言ってしまったり。
急に態度がなれなれしくなれば、周りの人から当然怪しまれる原因になります。
特に2人が社内で上司と部下、先輩と後輩という関係であれば、
ため口は大きな違和感につながりますから、注意が必要です。

社内メールで連絡を取り合わない

仕事中はスマホの操作をしずらいといったことから、
社内メールで連絡を取り合うカップルがいるようですが、
おすすめは絶対にしません。
会社の自分の社内メールアドレスで交際相手と連絡を取ろうとして、
うっかり、部署全体のメールに仕事終わりのディナーのお誘いメールを送ってしまうなんてこともあるようです。

また、怖いのは誤送信だけではありません。
同僚や先輩に仕事の流れでパソコンを見せる機会がある場合も考えられるでしょう。
そのときに無防備にメールボックスを仕事のメールを探していて、
たまたま交際相手だけにに送ったメールが他の人の目に入ってしまう
なんてことがあるかもしれません。
さらに注意したいのは、会社から貸与されている携帯電話を使っている場合です。
会社から貸与された携帯電話には後日携帯電話会社から通信明細が送られてきます。
それによって、誰がどこに電話したりしているかが、丸わかりになってしまうのです。
通信内容や電話番号の持ち主まではわからないにしろ、勘のいい人ならば、
頻繁に通話履歴があるだけでピンときてしまい、探られる可能性がありますので、
こちらも注意が必要です。

ばれたときの対処法

社内恋愛がばれたとき、周りの人は気になっていろいろ聞いてくるでしょう。
「そのとき」になってあわてるのではなく、周りに知られてしまったらどうするか、
2人で事前に決めておくとよいでしょう。
万が一のことがあったらどうするかを頭の片隅においておけば、
落ち着いて対処することが可能です。

女性社員は勘が鋭い

社内恋愛が原因で仕事に支障が出るのを避けるため、
そして、お互いの立場を守るために、
付き合っていることは絶対に秘密にするべきです。
2人が気を付けなければならないことは何でしょうか。
もちろん、怪しまれないような行動を取らないこと。
特に女性社員の目には気を付けるべきです。
男性なら女性の勘の良さに驚いた経験もあるでしょうが、
女性は観察力、注意力が高いため、ちょっとした変化に気づきやすいのです。
大概付き合っているのがばれるのは、女性社員からです。

口止めは100%失敗する

「人の口に戸は立てられない」という言葉があるように、
人は「言わないで」という約束ほど守ることはできないのです。
むしろ、他の人に話すことを禁止すると、逆に言いたくなってしまうので、
絶対に「誰にも言わないで」と言わないようにしましょう。
おすすめの対処法は、交際自体はばれたら、認めつつも
ちゃんとしていることを伝えることです。
つまり、交際自体よりも公私混同していないことを堂々と伝えることが重要です。

交際相手に「言いたい」と言われても同意しない

誰かにばれてしまったら、無理をしてまでうそをついて隠し通すのは得策ではありませんが、
自ら誰かにカミングアウトする必要はありません。
社内恋愛の場合、秘密にすることを望むことを望む女性は多いと思いますが、
人によっては、仲のいい人なら教えてもいいと考える女性もいるかもしれません。
そういうときこそ注意が必要です。
一時のムードに流されて秘密をばらしてしまえば、
それがやがて社内に広まり、お互いに仕事がしづらくなってしまいます。
そのデメリットは想像以上に大きいので、注意が必要です。

 

セクハラ、パワハラ、いじりにもクールに対処

また、恋愛的なアプローチとは別に、
セクハラ、パワハラなどにも冷静に対応するべきでしょう。
特に男性の場合は、彼女がピンチになっていれば、
身を挺して守りたいと考えるでしょうが
そこで、いきなり自分自身が出ていけば、
上司や先輩のご機嫌を損ないかねません。
ですから、彼女が上司や先輩に少しいじられた程度であれば、
すぐには自分が出ていくということはせず、しばらくはこらえた方がいいでしょう。
彼女が本当に困っているなら、守ってあげるべきではないかという意見もありますが、
場合によってはお互いの立場をより悪化させてしまう要因にもなるので
慎重に検討するべきでしょう。
ただ彼女が交際相手だと覆う点を差し引いても、十分に理不尽だと思える場合や、
彼女が業務に支障をきたすほどだと判断できる場合は、
信頼できる人やコンプライアンスのヘルプセンターなど適切な相手に相談するなどして、
解決の糸口を見つけてあげる方がいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
社内恋愛がばれないようにするのは、なかなか大変だとは思いますが、
一つずつ取り決めなどを行っておくと、ばれる可能性は少なくなります。
あとはばれたときには堂々としておくのが一番いいでしょう。
堂々としていれば、そこまで他の社員も突っ込んでくることも少なくなります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す