社内恋愛でのお互いの距離感の保ち方

社内恋愛で、絶対に忘れていけないことは何でしょうか。
それは、相手との距離感です。
社内で恋愛をすると、近くに恋人がいるのに不用意に話しかけることができません。
また、社内に恋人がいることに気づかれていないか周りの人の目も気になりますし、
ましてや仕事をほったらかしにして恋人と2人でいることがばれたら、
自分自身、そして相手の立場も危うくなってしまうというリスクもあります。
今回はそんな社内恋愛における距離感のバランスについてご紹介します。

付き合う前の場合

恋愛において大切なのは、相手の心にどれだけ入っていけるかにかかっています。
一方、仕事で大切なのは、相手の心に入り込みすぎないで、
どれだけ理性的かつ客観的に物事を進められるかにかかっています。
仕事と恋愛それぞれで
相手に対する気持ちの持ち方を上手に分けることが必要です。

役割から一歩踏み出さなければ近づけない

社内恋愛は、他の恋愛よりも相手に警戒されずに近づくことが可能です。
好意を持っている部下であっても、上司という立場で話をすることができますし、
相手が先輩なら後輩として相談することも可能でしょう。
しかし、そこからさらに一歩踏み出すことは容易ではありません。
それは、相手は、自分自身のことを同僚や、先輩後輩といった「ポジション」でしか
見ていないからです。
そのままの状態でさらに近づくことは至難の業といってよいでしょう。
もっと深い関係になりたいのであれば、
その「ポジション」という枠から抜け出さなければいけないのです。

お互いの距離感を上手に縮める方法

社内恋愛で好きな相手との距離感を縮めるにはどうしたらいいのでしょうか。
おすすめなのは、2人だけの関係のきっかけを上手に使うことです。
例えばですが、

2人だけで面倒な案件を担当することになった
彼女が仕事上のトラブルに巻き込まれた
打ち上げなど会社主催のイベントで幹事を任されることになった

こういったケースでは、お互いの関係を縮める大きなチャンスです。
二人だけで話をする機会が増え、コミュニケーションもぎこちさがなくなり、

また、会社の飲み会があれば、それをきっかけにするのもおススメの方法でしょう。
相手の女性が幹事をしているのであれば、さりげなくサポートすることも可能でしょうし、
逆に自分が幹事を任された場合は、好きな相手に「女性ならではの好みや意見」を聞くきっかけも生まれます。
お店選びで相談を持ち掛けて相手を自分と同じフィールドに引っ張ってみるのもいいでしょう。

ちなみに、相談をした場合、相手の案が採用になったら、
一緒に考えてくれてよかったというようにお礼の気持ちを伝えて、さらに相手との距離を縮めることも忘れずに。

すでに社内恋愛をしている場合

付き合ってから要注意しておきたい距離感
もし上手にうまく関係を築き、恋人の関係になっても、
社内恋愛においては、付き合っていることがばれないように
お互いの距離感を上手にコントロールすることを忘れてはいけません。

必要以上に社内で話をしない

いくら好きでも、会社の一番の目的は仕事をすることですから、
恋人とは仕事以外の話題は必要最低限しか話さないようにするのが、ベターでしょう。

やたら距離を置くのもNG

付き合い始めてからばれないようにとやたら距離を置いたりする人もいますが、あまりおススメできません。
パーソナルスペースというものをご存知でしょうか。
これは、他人が入ってくると不快に感じる物理的な空間のことで、
いわば「心理的な縄張り」のことです。
以前は普通に親しくしていたが、最近急によそよそしくふるまっている男女がいたら、
何となく怪しく思いませんか?
この「なんとなく怪しい」2人は、パーソナルスペースの取り方が他の人と異なり、
周りから勘ぐられ、社内恋愛がばれてしまうなんてこともあるようです。

嫉妬に気を付けよう

彼女との距離感を図っていると、気になることが出てきます。
例えば、ほかの社員の動向は気になります。
特に付き合っている間に他の社員と恋人が話しているところを見てしまうことはあるでしょう。
「あいつ、なれなれしい」
社内恋愛に限らず、誰かを好きになると、恋人の近くにいる同性社員がライバルに見えてきてしまうなんてことも。
とくに社内ではお互いの距離を置いている社内恋愛カップルの場合、
嫉妬をしてしまい、それが原因で恋人関係にひびが入ってしまうなんてことも多いようです。

まとめ:自然体でいるのが一番

いかがでしたでしょうか。社内恋愛は様々なことに気を使わなければいけませんが、
特に相手との距離感で、社内恋愛がばれてしまうなんてこともあるようです。
社内恋愛であったとしても、近すぎず遠すぎず、自然体でいることが一番いいようです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す