社内恋愛でケンカをしたときの相手との付き合い方

恋人と付き合っていても、楽しいことばかりが起きるわけではありません。
考え方のすれ違いで、ケンカや口論になることもあるでしょう。
ケンカは恋愛につきものですが、社内恋愛では特有の問題が存在します。
今回は社内恋愛でケンカした場合の特有の問題とその対処法をご紹介します。

社内恋愛でケンカした場合の特有の問題

お互いの頭を冷やす冷却期間がない

普段は違う職場で働いていて、週末に会ったりするカップルであれば、
感情的になってケンカをしても、しばらくの間お互いに頭を冷やす期間を設定できるため、
後々冷静に話をしやすくなります。
しかし、社内恋愛では、同じ職場で働いているため、
お互いの顔をイヤでも見なければいけないという特徴があります。
よって、少し時間をおいて、お互い冷静になるということが難しくなるのです。

ケンカが原因で、社内恋愛がばれやすい

普段、周囲に知られないように細心の注意を払っていても、
ケンカ中だとどうしても注意が散漫になりがちになります。
はたから見ていて、今まですごく仲の良かった2人の会話が
急によそよそしくなったり、とげとげしくなったりすると、
周りが心配して、何かあったのか勘ぐられ、
人によっては、交際していてケンカ中であることを勘ぐられてしまいます。

社内恋愛でケンカした場合の対処法

ケンカが原因で社内恋愛がばれないようにするには、
お互いがしっかり感情のコントロールをしなければいけません。

怒りを仕事のルーチン業務に向ける

普段通りに接する方法として、怒りを相手に向けないことが重要です。
おすすめの方法としては、怒りの感情を仕事に向けることです。
特にいつもやっていて、特別頭を使わないでできるようなルーチン業務に向けるといいでしょう。
ルーチンワークであれば、いつもより素早く仕事をこなす意識で取り組むといいでしょう。
いつもより仕事が早く終われば、残業せずに済むため、相手の顔を見なくても済みます。

相手には普段通りに接する

社内恋愛をしていたら、ケンカをしていても、
どうしても同じ仕事をしなければいけないときもあると思います。
そこで大事なのは、相手には普段通りに接することです。
いつも笑顔で接しているなら、ケンカをしていても職場ではいつも通り笑顔で接しましょう。
相手もバカではないので、演技をしていることくらいはわかるはずです。
あなたが一貫した行動を取ることで、
少しずつ時間をかけて相手も意識を変えて冷静になっていくでしょう。

社外に出る時間を作る

社内恋愛では、職場でお互いに顔を合わせたりすることがあるため、
その度にケンカのことを思い出して、イライラしがちです。
こういうときは、外回りに積極的に出かけたり、
取引先に出向く用事を作ったりして、
気分を紛らわせるようにしましょう。
社外に出ない部署であれば、
仕事を早く終わらせて、フレックスを取ったり、有休を使うなどして
お互いの顔を見る時間を少しでも少なくする、
自分の感情をリフレッシュするように心がけてみましょう。

まとめ

今回は社内恋愛でケンカしたときに起こる問題やその対処法について、ご紹介しました。
もし社内恋愛でケンカをしてしまった場合は、
お互いに感情を抑えて、冷静になるようにすることが必要であり、
そのためには、いろいろな努力の方法があることをご紹介しました。
このまま付き合うかわかれるかを考えるにしても、
どちらかが会社を退職しない限り
同じ会社の人として付き合わなければいけないため、
一度冷静に話し合うことが望ましいです。
是非参考にしてみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す