社内恋愛で起こる嫉妬とその対処法

社内恋愛は同じ会社の人同士での恋愛のため、
社外の恋愛と比較して、自分とかかわりのある人の目に触れたり、
交際相手との距離が違いことが原因で様々な嫉妬心を生みやすいという特徴があります。
今回は社内恋愛で起こりうる嫉妬についてご紹介します。

社内恋愛で他の周りの人から嫉妬される

社内恋愛は、あくまでも恋愛の一つの形であり、悪いことではありません。
実際社内恋愛禁止の会社がある一方、会社全体で社内恋愛を推奨している会社もあります。
ただ、「誰とどこで恋愛をしようが、勝手でしょ」という考えは、
社内恋愛では絶対にNGと考えておいたほうがいいでしょう。
会社は考え方が異なる人たちが、「仕事」を通じてつながる場所です。
社内の誰もが皆さんの恋愛を応援し、祝福してくれればいいのですが、
なかには「職場に恋愛を持ち込むなんて非常識だ」と、正義感が強い人もいたり、
自分の恋愛がうまくいっていないことが原因で、
社内恋愛をしている人に対して強い嫉妬心を持つ人もいるということを忘れないようにしましょう。

交際相手からの嫉妬

社内恋愛は交際相手との距離が近いため、相手から嫉妬されやすいことも事実です。

休日出勤が招く誤解

あなたが休日出勤をすることになったとき、
彼女には、「仕事が忙しいから、今週末は会えない」と伝えています。
ところが、他の女性社員が、同じ日に休日出勤をしていて、あなたと一緒だったことが後からわかりました。
あなたとしては、仕事ををしていたのだから何もやましいことをしていないのでしょうが、
誤解から生まれる嫉妬を防ぐため、一緒だったことはあえて彼女には伏せておいたとしましょう。
ところが、彼女からしてみれば、あなたが隠していたことにやましさを感じ、嫉妬してしまうかもしれません。

他の異性の社員と仲良くしている

社内恋愛をしていると、仕事の話をしているとわかっていても、
彼女が他の男性社員と楽しそうに話をしている姿を目の当たりにして、胸がざわつくこともあるかもしれません。
特にお互いの時間ですれ違いが生じていて、自分と向き合ってくれないという不満がある場合、
それに対して嫉妬する人はよくいますので、注意が必要です。
しかし、一方で、職場は仕事をする場所ですから、彼女があなた以外の男性社員と接するのは、
仕事を進める上では避けられないこともあります。
自分が動揺すれば、彼女も仕事がしにくくなりますし、
必要以上に嫉妬の感情を増幅させることは、せっかく秘密にしていた関係を周りに気付かせる原因にもなりかねません。

嫉妬が原因でケンカに

こんなとき、ちょっとした誤解で相手が嫉妬し、ケンカに発展します。
何度も他の異性の社員と一緒だったことを隠していたことを謝っても、
相手からしてみれば最初から言ってほしい、謝れば済む問題じゃないと思っているでしょう。
彼女があなたが最初から言わなかったことに対して誤解をして嫉妬している以上、
いくら誤解を解こうとしても、本当の意味での理解をしてもらうまでには時間がかかるでしょう。
彼女からしたら、自分と会う時間を作らずに、他の女性と休日出勤をしていたというとらえ方をすることもあります。
嫉妬されてしまっても致し方ないでしょう。

また、他の異性の社員と必要以上になれなれしくしているのを見られたら、
交際相手からしたら、仕事であってもなれなれしくしすぎと思われ、嫉妬されてしまっても仕方ありません。
一方で、自分っとしては、、何もやましいことをしていないのに、自分の行動を制限されるのは迷惑な話です。
コミュニケーションを大切にする女性なら仕事を円滑に進めるために、
同じ職場の人たちと和やかなムードをつくるのは当然のことです。
それを交際相手から注意されても筋違いだと思うでしょう。

相手のことを信じているということを伝えよう

こういう場合、相手は「自分は愛されている」とは思わないでしょう。
「信じてもらえていない」と感じて、ガッカリします。
あなたの思いを伝えたいなら、素直に焼きもちを焼いてしまったことを伝えたほうがいいでしょう。
相手としても、申し訳ない気持ちとより相手を愛おしく感じ、
自発的にあなたが嫌がらない程度の社内コミュニケーションを考えるでしょう。
このように伝える意図は、相手があなたに言われてしぶしぶ行動を変えるのではなく、
自ら意識してコミュニケーションの方法を工夫してもらうところにあります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す